2013年06月

2013年6月13日(木)釣行 戸賀沖磯小根太島(中潮)

遅くなりましたが 一昨日行ってきました

場所は 戸賀沖磯小根太島!!

当日は3時40分頃に戸賀漁港着で2番船での渡船です

戸賀を選択した理由は ただ単に江端のトーに会いに行ったよーな^^

昨年の6月以来 約一年ぶりです

一番船のお客様を渡し帰港 目があった時 笑顔で迎えてくれました^^

そして小根太を選択したのは その一年前に良い思いをしたから(笑)

その時は 北側で~49㎝が7枚の釣果だったもんだから

単純なワタシは小根太北側へ だから2番船でもいいかと^^

案の定一番船では南側へ一人渡られてました

トーからは「一人居るども12時にあがる!なんとす?」

「北側でイイっす」と ダメなら移動すればいいか^^と思いまして



準備しながら海を見ていると ゆ~~くり北側へ潮がきいている感じ^^

よしよし^^ そう思いながら ユックリ準備です

今日は?

では釣り開始です

大真鯛様に会いたい欲張りなワタシは 3号通しでスタート

その数投後

一発目

針がかりは ムムムな感じですが まずは足裏サイズを

が その後が潮が沖側へ根太側へフラフラと安定しない

そんな中 テリ2匹追加した後は 上り潮が強まり当て潮キツイです

その潮(根太との水道)に全誘導・半誘導で仕掛けを乗せますが

手のひら真鯛が2枚追加しますが その後は全く当たりがありません 

どんなに流しても反応が無い

そんな中 南側の沖向きを攻めてる先行者が黒鯛をタモがけ

当て潮な中 際で掛けているようです

その数時間後 更に黒鯛を追加されてます

ワタシも沖側に釣り座を構え 当て潮な中 際を狙いますが・・・・・

更に潮の流れが強まり・・・・・・川の様です(汗)

正直 それに対する引き出しは持ち合わせていないワタシ

対応出来ず 時間は12時前

先行者が帰り支度を始めたので 南側へ移動します


小根太から根太

午後からは南側


先行者へ挨拶し 釣果をお聞きすると

黒鯛3枚に 足裏真鯛1枚と早朝にメジナらしきバラシがあったとのコトです

気持ちを切り替えて攻めますが 手の平強の真鯛を一枚追加

潮の流れは若干緩んできましたが その後は付け餌がそのまま帰ってきます(疲)

残り一時間で 南向きの先端へ移動し ハエ根の沖側を攻めますが状況は同じ

ホントに今回は ウキ・ライン・ハリス・ガン玉・針・タナなど色々試しましたが

諦めました(泣)

遠投し 置き竿にし 沖側の釣り座に置いてた荷物を取りに行き戻ってきたら

ラインが パラパラと出ています(焦)

すぐに竿を持ちアワセ の瞬間にテンションが抜ける

南消波堤側に流れていた潮に乗せていたのに 竿先のテンションは下へ??

どうやらハエ根をグルッと回ったようです(泣×2)

ボラの回遊もかなりあったので正体は・・・・・わかりません

でも なんでそんな時に来るかね~~

やはり 殺気が無いのが仕掛けに伝わっているのですかね~~

そんな感じで 終ー了ーでーす

名礁小根太島

翌日も小根太島では黒鯛3枚の釣果があったようです

修行がたりませんな~~(泣)



これで渡船はしばらく無し 次回からは再度地磯へ^^

江端のトーにも次回は一年後かな~~て

「来れるどぎ まだこい」っとトーから^^

次回からは 地磯で メ・ジ・ナ釣りの真似事でも っと思ってます

が 多分釣れねーべな^^


≪13日釣果≫
真鯛  ~28㎝    4枚
テリ   小型     2匹
フグ          2匹

ウキロス(お気に入り) 1個




話がかわりますが 今月11日付けで移動辞令が

店舗業務から 2年前と同じ本部業務へ戻るコトに(泣×3)

引き継ぎ等で今日まで店舗にいました

そしたら パートさん一同??から こんな物を頂きました^^

^^

やーー なんか気をつかわしてしまい申し訳ない ホントm(_)m

帰り際に

「楽しく仕事出来た」「色々お世話になりました」「課内の環境がすごく良かった」

等々の お声を頂き頑張ったかいがありました^^

来週から働く環境がかわりますが 仕事は程々にガンバルとして(笑)

釣りもガンバロー 仕事以上に問題点が山積みだーーーーー(爆)









スポンサーサイト

2013年6月5日釣行 大雅杯加茂沖磯チャポチャポ島(若潮)

本日は待ちに待った大雅杯当日

数日前からワクワク^^

大会参加は当然ですが 昨年10月以来の渡船にもワックワクです^^




いつもの海風さん 朝4時30分受け付けし渡船の抽選

今回は大竹丸さんの2番でした

普段もお世話になっている大竹丸さん

なかなか渡船を使用できない今日この頃だったので大竹丸さんで良かった^^

受け付け 抽選後に主催者である大雅の若旦那さんからルール説明等々

その後は一斉に加茂漁港へ大移動です


到着後 準備を済ませ大竹丸さんにて出港待つ間

久々にお会いする船頭のヒロさんにご挨拶 今日もヨロシクです^^

雑談の途中 ヒロさんから「何番?」と

「2番です」と伝えると 「チャポとべッタラ どっちイイ」

ん~~~ 悩みます  本日の同行者のウチダさんと相談

ウチダさんは昨日も釣行されており 昨日はべッタラだったとのコト

結構な数のフグが居たようだったので

「チャポ」に決定!!

さて釣り座決めですが ウチダさんがメジナ狙いとのコトなので陸向きに

ワタシは黒鯛狙い(あわよくばマダイ)なので沖側へ釣り座をかまえて準備すませ 

いざ実釣スタート

ちゃぽ

写真は実釣後です

ウチダさんが一投目からメジナゲット ヤルッスな~~

潮は沖から陸へ

その後もウチダさんはコンスタントにメジナを掛けます ヤルッスな~~

横目に釣りスタイルを拝見させて頂くと ハリスウキを使用したスタイルです

ワタシはメジナを本命に釣行経験がないので どれどれと しばし観察させて頂きました

タナの取り方 仕掛け・コマセの投入点などなど

そうして拝見していると ハリスウキに微妙なアタリ????かな 

と 次の瞬間ウチダさんがアワセ!! またもメジナゲットです

すげーな~~ 

黒鯛釣りとは別次元の釣りと感じました

ありゃ今まで何となく狙ってるつもりでも釣れない訳だ(汗)

所々でウチダさんから解説もして頂き 何となくイメージができました^^

ウチダさん有難うございましたm(_)m

でも 今日は黒鯛(あわよくばマダイ)狙いで^^

そうしていると またもやウチダさんがヒット 今度は黒鯛ゲット

ホント うまいな~~



その後 潮が当て気味になり 遠投するが表層の滑りが早く馴染み方がシックリしない

ならってコトで 表層のスベリをかわすイメージでウキを0から00へチェンジ

更にジンタンで調整するが なかなかシックリしません

ではシックリする所は・・・・・と探していると 当って沖にはける潮がイイ感じ

そして8時頃 キワを沈めながら流しているとラインに変化が

アワセると ようやく本命の30㎝強の黒鯛クンを(喜)

そしてスカリに黒鯛を入れていると またもやウチダさんが黒鯛ゲット!!

ウチダさんと顔を見合わせ ジアイ??  とお互いニンマリ(笑)

が世の中そんなに甘くはありません

ウチダさんは時折メジナを掛けますが ワタシは放置プレイが続きます

潮も漁港からの当て潮が続くのでべッタラ方面も試すが餌も取られません

参りました(汗)

そんな中 和さんと岸さんがべッタラへ

コンスタントに魚をかけてます さすがだな~ うまいな~



ワタシはというと 何か突破口は無いものかとアレコレとやるが

今度は潮も動かなくなり(汗)

なら 潮の動く所は??? べッタラ側のやや陸側にド遠投すると沖に潮が動く

この時点で仕掛けを変更 シッカリ潮に馴染ませたく1000釣法へ

仕掛けを入れて馴染んだ所でラインの張りをチェックすると イイ感じです^^

コマセもド遠投し被せていくと 餌取りに付け餌が取られるが

数投後に付け餌が残り またまた数投後にヒットです 型は35㎝前後(13時前)

その後は またまた餌取りが

では コマセと仕掛けの投入点をズラすと餌が残り数投後にラインに明確なアタリ!!

本日最大の42㎝を追加です^^ 

どうにか^^


以降は何事も無く納竿時刻に

帰港は大竹丸のヒロさんに挨拶をし 海風さんへ

検量が終わり表彰式 ワタシは6位でした^^

6位^^


同行されたウチダさんは2位です さすが^^

詳しい結果に関しては 後ほどアップされる若旦那さん 海風さんなどでご確認を






今回も楽しい1日の大雅杯でした

モチロン大会ですので釣果を求める訳ですが 何よりこの大会の良さは

同行された方は勿論 普段なかなかお話し出来ない方との新たな繋がりであったり

普段一緒に釣りしない方と竿をだし 色々勉強できるコトだと思っています

今更ワタシが言うまでもないですけどね^^

今回もはじめてお話しするコトが出来た方もいらっしゃいましたし^^



最後に 若旦那さん そして大会運営の皆様 参加者の皆様 大変お疲れさまでしたm(_)m

是非 今後も参加して行きたいと思いますのでヨロシクお願いします。

























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。