スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年5月24日(日)小潮 加茂渡船 孔雀ヶ窟~古城島

前回釣行でコマセ残がタップリ

その浮いた分で加茂から渡船での釣行

前日までの海況は良くない為 朝はユックリ目の6時前に出発

到着し出港するが なかなかの風と波に 駐車場もお客さんの車でイッパイ

当然ながら 上がれる磯はこの時点で限られている訳で

とりあえず上がれる所って事で

3孔雀ヶ窟穴の前

孔雀ヶ窟の穴の前

4小阿冶ヶ島方面
5孔雀ヶ窟

写真だと平和に見える海も なかなかのウネリで

船着き場はたまに波に洗われたり飛沫が掛かる状況で決して気持ちが良くは無い

チョイ高い所でスタート

ハッキリしない潮で 終始アテ気味でアッチ行ったり そっち行ったり

6メバル

反応したのはメバル

7アジ



8アイナメ


一時はアジの活性が高まったが 一時だけで その後は穴までのエリアに留まる

小阿治ヶ島~阿冶ヶ島地方よりの状況も 朝の早い時間にタモ入れがあったが全体的に良くないようだ

状況が好転する気配も感じられず 時間は昼近くに

腹が減っては戦が出来ないって事で コンビニおにぎりで腹を満たす

再度釣り開始するが放置プレイへ突入(汗)

そこへヒロさんからの着信

状況を伝えると 竿たたんで待ってろって^^

ありがたや~(笑)

9前半の孔雀ヶ窟での釣果

孔雀ヶ窟では こんな感じで終了



時刻は12時頃

この頃になり ようやく波高も落ち着き始め

10昼からの古城島

古城島へ

11古城島から


だいぶ波が落ちたとは言っても たまに足元まで波が押し寄せるので荷物はシッカリと固定し

数日前にはメジナの釣果もあったようなので 北向きの根周りを探る

クロダイも釣れず春が遠い自分なのだが 何気にコマセも仕掛けも朝からメジナを意識

意識したからって 釣れる訳ではないのだが

情報通りにコマセに反応するタナゴを中心とした餌取りがコマセに反応

付け餌にコマセを被せると付け餌は持たない

コマセ投入点を数点に分けて打ち込むと 一点以外に餌取りはコマセに反応しない

チョイ遠投したコマセ投入点に仕掛けを送り込むと

12足のウラ真鯛

足裏のマダイ

タイ気が強く餌取りは足元から動かないようだ

じゃー 釣れる魚を釣ろうって事で マダイ狙いにチェンジ

その後も同サイズ2枚追加した所で下ってた潮が止まり始める

ここから潮が上るだろう 

サイズが伸びない状況から潮が変われば もしかして ムフフ^^

取らぬ狸の何とかってヤツだな(笑)

少々時間が過ぎた2時頃に潮か上り始め 付け餌が残る状況が続いた

沖向きのチョイ沖に仕掛けが差し掛かった時

00ウキがユックリ沈下し ラインがノの字からユックリ一直線に

クロダイかな~~ で合わせた瞬間に

とんでもないパワーで一気に竿が海面めがけて絞りこまれる

完全に のされた状態

ドラグは ある程度緩めに設定していたが掛かった場所があまりに近距離

レバーで更に糸を出すが魚の走りが上回って追いつかない

ようやく竿を立てた瞬間にテンションが・・・・・・

2ヒロとってたハリスが サルカンから50㎝の所でブチ

完全に魚に主導権を握られてのバラシ



その後も餌取り等の状況は変わらないがマダイの反応も無い

たまに小型のアイナメやメバルが掛かる程度

南向きや沖側も試してみるが付け餌は残りっぱなし

暫く休めた北向きのポイントに仕掛けを送り込みコマセをドカまき

そんな2投目に ラインを押さえてた指を弾き一気にラインが走る

今度こそは

すかさず体制と整え竿を立てて走りを止めようとするが アッチを向いて走る魚はそう簡単に止まらず

レバーを使いテンションを掛けながら 魚が弱まるのを待つ

だいぶ走られたが やっと止まり 今度はコッチの逆襲だー

と巻き上げるが 更に出されるライン

しばしこの状況が続いた時にテンションが無くなる

一回目同様にハリス切れでのバラシ

ラインにも数か所キズが付いてて 根に回られてた様だった

その後は何事も起こらず 5時に終了

数年前にも同礁での同じようなバラシを思い出した

帰りにヒロさんに聞いた所 沖向きにでっかい根があるとのこと

なんで アッチに走るかな~


【本日の釣果】
マダイ   足裏  3枚
メバル        ソコソコ
アイナメ       小型3匹
アジ          少々
大バラシ       2回


大バラシで悔しい事は悔しいのだが

魚に主導権を取られながらも どうにか自分なりにヤリトリ出来て勉強になった

反省としては もうチョット強気のやり取りが必要と

根掛かりした時に あんなにテンション掛けても なかなか切れないライン

しかし 何故か大型の魚が掛かった瞬間に弱気になってしまい受け身になってしまう

いつか夢の大型マダイを取ってみたい

その前に まずはクロダイ釣ったらって言われそうだが(爆)


あっ そうそう

釣行数日前にラインを巻き直し

1巻き直し

2巻き直し

P-Ion 磯スぺ ゴルディッシュを巻きました

しかも暫く 1・8号などの自分的には細めを使っていました

確かにライン操作や糸落ち等でのストレスは解消され良いのだが

消耗が激しく経済的には自分に優しくなかった

今釣行では釣り始めから終了までのラインの沈下に大きな変化も無く

多少硬めな感じではあるが 糸癖も取れやすく自分的には使いやすいと感じました



では^^


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。